ギター大好き男のきまぐれ日記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スローミュージック☆大人バンド大会!!☆」、本当にありがとうございました!!。

<<   作成日時 : 2017/05/07 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 どうもです、皆様こんにちは。よりよりです、ヨリー助得るです!!。
 さて、5月6日の土曜日ですが、京都市は木屋町通三条近くのライブハウス、「モダンタイムス」さんにて行われました表記のライブイベントに、
 今回もソロで出演させていただいてまいりました!!。
 実は、気候の変化等から、喉の調子が本調子ではなかったという結果が、今回も出てしまいまして、非常に大きな課題が山積してしまったライブにもなったと、
 改めて反省の至りでございます!!。
 といったような状況も抱えながらのお時間となったわけなのですが、今回も出演者の皆様方を初め、本当に多くのすてきな方々とお会いすることができました。
 改めて感謝申し上げます。
 そして今回も、とてもとてもすてきな演奏を数え切れないぐらい沢山届けていただける、貴重な思い出に残る時間となりました。
 お店に到着後、他の方々がどなたもお見えでなかったということで、僕自身のサウンドチェックを進めていただきました。
 僕が、ピアノ弾き語りでやる予定の曲の出出しの和音を鳴らした時に、音響担当のスタッフさんから、「ああ、もう何やられるのか分かりましたよ!!」
 という風なお声がかかる場面もあって、その段階からテンションが上がっていったような気がしています。
 他の方々のリハーサルも聴かせていただいたのですが、皆さんかなり気合を入れておられるような感じでした!!。
 といった感じで、続くオリエンテーションも終わり、いよいよ本番がスタートしていきました。
 今回は合計4組の方々が出演され、普段のイベントとは違う形式で、一組の演奏が転換込みの40分というタイムテーブルで進められていきました。
 自分自身は1番手だったので、また後で喋らせていただくことにします!!。
 2番手に登場されたのは、ザ・ビートルズのカバーバンド、 "THE BEATRAYS" の皆さん!!。
 曲によっては、原曲のキーと違う様々なキーに変更して演奏しておられました。
 覚えている範囲でのセットリストを、キーも含めて書かせていただきたいと思います。
 こちらは、ドラムとベース、ツインギターという編成で演奏しておられました。
  "You're Going to Lose That Girl" … 原曲のEからCのキーに変更!!。
  "I Need You" … 原曲のAからGのキーに変更!!。
  "This Boy" … 原曲のDからCのキーに変更!!。
  "I'll Be Back" …原曲のAm(エーマイナー)のキーのまま!!。
  "Things We Said Today" … 原曲のAmのキーのまま!!。
  "A Hard Day's Night" …原曲のGからEのキーに変更!!。
 先ほどの編成では、主にこのような楽曲を届けてくださっていたように感じています。
 そして、ハモンドオルガンの音を加えられて、 "Mr. Moonlight" を、原曲と同じ、F#のキーで聴かせてくださいました。
 いろいろと気になった点はあるのですが、とにかく自分自身も知っている楽曲を沢山聴かせていただけたので、
 「もう一度、ザ・ビートルズの世界に入り込んでいきたいなあ!!」とも感じさせていただけるお時間ともなりました。
 続いて3番手は、 "MASA Band" の皆さん!!。
 サックスとドラム、ベースとギター・ボーカルという編成で、オリジナル楽曲をたっぷりと聴かせていただきました。
 最後に演奏された、「自分のために生きていきなさい」とか、「お前がされて嫌なことは、人にもするなよ!!」とのメッセージが込められた楽曲が、
 個人的にもものすごく印象に残っています。
 4番手でとりを飾ってくださったのは、「ゑびすだいこくブラザーズバンド」の皆さん!!。
 モップスの「たどり着いたらいつも雨降り」、かなり懐かしかったです!!。
 その他、ブルースをベースに作られたというオリジナル楽曲や、チャック・ベリー氏の "Johnny B. Goode" など、
 知っている人も多いなあと思われる楽曲も聴かせてもらえて、会場全体が盛り上がるステージを展開してくださいました。
 今回の編成としては、ベースとエレアコのツインギター、ボーカルとコーラスといったような感じだったと思います。
 ぜひともまたこれからも機会を見つけて、今回出演された皆様方の演奏を聴かせてもらって、さらにいろいろなことを学び、
 吸収させていただきたいなと、とてもとても楽しみにしています!!。
 さて、「ヨリー助得る」の方は今回、1番手のトップバッターで出演させていただきました。
 今回はこんな感じで紹介文を書かせていただいて、前もってメールで店長に共有させていただいておりました!!。
 ここからが、その紹介文でございま〜す!!。
 みなさーん、どうもこんばんはー。今日はよう考えたらバンド大会やっちゅうのに、一人でソロソロと出てきてしまったぜえ、ヨリー助得るでーす!!。
 人間は一人やねんけど、雰囲気だけでもバンドに近づこう思って準備してきたら、こんな感じになっちゃったぞいー!!。
 そやし今日は、喉を潤したい時にお口に含めたい飲み物のように、「ノンソロ気分」で全力出していきまっさかいに、どうぞお楽しみに!!。
 普段は京都を中心に、時にはギター片手に、時には鍵盤を前にして、そうかと思えばはたまた、ハーモニカまで抱えちゃったりして、そんな塩梅で活動させてもろてます!!。
 こちらのスローミュージック、約3ヶ月ぶりの出演でもありますさかいに、ちょっと冒険もしながらになりますねんけど、張り切っていかせてもらいまっせえ!!。
 時には真面目っぽく喋っちゃうけど、さらなる勢いでのダジャレ満載のお喋りにもこうご期待(笑い)!!。
 少しのお時間にはなりまっけど、コース料理の前菜を味わってる時のお時間やと思っていただいて、
 この漫談ライブのひとときをば、どうぞ皆さん、お気楽に楽しんで行っておくれやすー!!。
 今日の一言: 今日はトップバッターですかいなあ!いよいよ夏突入っちゅうこともあるんやけど、それ考えたらめっちゃ緊張してまんねん!!。
 そやけどなあ、演奏中は全力で、情熱傾けさせてもらいますんで、みんなどうぞ宜しくなー!!。
 今日もモダンタイムスのオムライス、サラダに唐揚げなどなど、じゃんじゃん食べてがんばろうやあ!いくぜえ(笑い)!。
 今後のライブ予定: ブログ(「ギター大好き男のきまぐれ日記」)を中心に、皆さんと共有させてもらいまっさかいに、どうぞお楽しみに!!。
 趣味・特技: ものまね、ダジャレ、食べ歩き、楽器屋さん、電気屋さん巡り、車(愛車のミニバン、「エスクァイア」はもうすっかり、
 僕の第二の音楽鑑賞部屋にな
ってきていま〜す!!)。
 こんな感じで書かせていただいたんですけど、時間の都合上ということでしょうか、趣味・特技の項目の辺りは、演奏終了後に紹介してくださいました!!。
 さあさあ本題に入りますか!!(笑い)。
 まずは、ピアノ弾き語りの "Honesty" からスタート!!。
 喉の調子が芳しくなかったとは言え、何とか引き語り切れたのではなかろうかと感じております喉す、ちゃうちゃう、感じておりますのどす!!(笑い)。
 ピアノの先生から教えていただいた、最後のあの「左右の手をクロスして終える」という動作も、けっこううまくいったんじゃないかなあと思っています。
 続いては、ちょっと冒険をしてみました。
 今回は「バンド大会」ということでもありましたので、並べる楽器の種類だけでも(笑い)バンドの雰囲気を作り上げてみようかなあと思いまして、
 エレキギターで「一人ベンチャーズメドレー」といった形で、順番に演奏していきました。
 こんな順番でやってみました。
 「パイプライン」、「そんなヒロシに騙されて」、「夜空の星」、「ダイアモンドヘッド」、「京都の恋」、「朝日の当たる家」、
 「急がば回れ(ウォーク・ドント・ラン)」、そして「悲しき街角」!!。
 「急がば回れ」の方は、途中までオリジナルのバージョン??で進めていったのですが、ある段階から、1964年のバージョンと同じように弾いていきました。
 また、ザ・ベンチャーズの皆さんが、コンサートの時などにも、歌を入れて演奏されていたことがあったり、実際に歌いながら演奏されている音源もありましたので、
 「悲しき街角」に関しては、僕自身も弾き語りに挑戦してみました。
 最後の最後に、英語でメッセージを残させていただきながら、この「一人ベンチャーズメドレー」なる演奏を、
 自分自身としてはとても気持ちのいい状態で終えることができました。
 ギターソロのパートとか、流れるようなメロディーラインで演奏できるように、さらに練習を重ねていくなど、幾つかの課題は残りました。
 ですが、今回をきっかけにして、この順番で進めるか、曲を入れ替えてみるなどして、これからもこの「ベンチャーズメドレー」はやっていきたいなと、
 次の機会がとても楽しみになった演目となりました!!。
 ちなみに、持参したエレキギターは、 "Fender Modern Player Stratocaster HSH" で、お借りしたギターアンプは、 "Fender Hot Rod Deluxe(?)" でした。
 リバーブもかなり効いていて、本当にいい音を届けてくれました!!。
 続いては、 "Take Me Home, Country Roads" !!。
 曲に入る前には、あのいつもの天気予報ねたのお喋りとか、「お酒を飲み過ぎてもう既に酔いが回っておられる方々にお届けする曲」といった内容とか、いろいろ喋りながら、
 MCを進めさせていただきました(笑い)。
 また、「スローミュージック」というイベントが、ライブを聴きに来てくれた人たちすべてが、故郷に帰って来た時と同じような、
 暖かい気持ちになれるようなイベントになっていってほしいな、との思いも伝えさせていただきました。
 続いては「盛り上がる曲を」ということで、 "Jambalaya" を挿入!!。
 ギターを弾きながら曲を始めていこうかなあ!!という段階で、スピーカー側からギターの音が鳴っていなかったという事態が起こりまして!!。
 ギター本体の方は、ボリュームも上がっていて問題はなかったのですが、どうやらミキサー側の方でボリュームが上がっていなかったか何かのトラブルだったようでした!!。
 「ライブというものは、やはり常に生きているイベントであって、いつ何が起こるのか分からないな!!それがイベントの面白い所であって、醍醐味なのかな!!」
 と感じさせてもらえた瞬間となりました!!。
 「徹底おふざけバージョンのジャンバラヤ」の中で、ここでも「バンド」の雰囲気を出したくなりまして、
 「一人メンバー紹介」という形式で、自分自身の演奏形態などを紹介させていただきました。
 ちなみに、3曲目と4曲目は、 "Fender Villager 12 Strings" ということで、12弦ギターで弾き語らせていただきました!!。
 そして、最後には6弦のエレアコに持ち替えて、 "Piano Man" を演奏!!。
 今回も例によって例のごとく、「みんなで歌おう、ピアノマンのコーナー」を作らせていただきました。
 曲の途中に「本日のお礼」のMCを入れさせていただいたり、お店にいらっしゃった方々にもお声を出していただけて、
 本当に嬉しい雰囲気の中、演奏を進めていくことができました!!。
 曲が終わってから、さらにドエンドの部分には、あの例の「タイムイズオーバー」を挿入!!。
 受けてくださった方もおられて、本当に気持ちのいい状態で、自分自身の演奏を終えることができました!!。
 といった感じで、今回の「ヨリー助得る」の、バンドの雰囲気の「ノンソロ気分」なライブステージは終了していきました!!。
 ちなみに、6弦のエレアコの方ですが、やはり今回も勝負ギターとなりました、 "Jimmy Dale Signature Kingman SCE" を用いて、演奏に臨ませていただきました。
 聴きに来てくださった方々や店長からも、「いろんな楽器ができるっていうことにまず圧倒されました」とか、「MCが聴きやすかった」とか、
 「ベンチャーズメドレーは、今回集まっていた人のなかにもその世代の方々もいてはったから、良かった」といったようなお言葉もいただけて、
 今後の音楽活動への、大変にありがたい起爆剤を長大することができたライブにもなりました。
 一方で、体調管理の面であったり、ピアノやギター、歌唱力といった、演奏上のテクニックの面などで、まだまだ課題が残る部分も出てきましたし、
 改めての学びや反省材料となった点も多かったライブともなりました。
 そんな風に学べる材料や反省のきっかけが作られたという点を大事にしながら、今後の音楽活動に向けて、
 演奏に向かう姿勢について、様々な角度から見つめ直していきたいと思います。
 今回のライブの時のような形で、会場全体の盛り上げ等、少しでもお役に立てれば本当に嬉しいですし、
 僕自身も、皆さんのご期待にお答えできるよう、がんばっていきたいと思います。
 これからも機会を作って、出演する側の人も、聴いてくださっている側の人も、お互いが一つになれる「一体感」を作ることのできる、
 「スローミュージック」に、ぜひともまた出演させていただきたいなと、本当に楽しみにしています!!。
 ライブの前後になりましたが、出演された何人かの方々や、会場におられた方々との、ドリンク類を囲みながらの談笑に花が咲いていった時間もできていきました。
 今回のライブに際しましても、他のお店でのライブイベントにてご一緒してくださった方や、車好き同士でつながった近所のお友達が来てくれたりと、
 本当に多くの皆様方に応援していただいて、自分自身の演奏やイベント全体を盛り上げてもらうことができて、感動が尽きないまま、本当にいい時間が作られていきました。
 そのような時間ではあったのですが、盛り上がりの雰囲気が収まらないまま、夜の11時前後に家族メンバーに迎えに来てもらってお店を跡にして、
 ギター3本と一緒に荷物運び用のわが家の車で、帰路に向かって行くこととなりました。
 そうして家には帰ったのですが、やはり帰ってからも今回の感動が治まらないほどでした!!(笑い)。
 何日かぶりの再会となった方々とも、「はじめまして」の方々とも、お互いに元気な姿で、モダンタイムスさんでお会いできたこと!!。
 これほど本当に嬉しいことはありません!!。
 それぐらい、今回のスローミュージックも、今後の音楽活動や様々なことに向けて、非常に大きなエネルギーになりました。
 皆様、本当にありがとうございます!!。
 やはり、音楽を通してのつながりというのは、新たな友情の架け橋を作ってくれるという、ものすごい力をもっているのですねえ!!。
 今回も僕自身、それを感じることができ、改めて感動の気持ちでいっぱいになっています。
 今回のライブを通して、出会うことのできた皆さんからいただいたエネルギーやパワーを大事にしていき、自分自身の音楽活動も、さらに進めていきたいと思いますし、
 これからの演奏の場面なども、楽しみにしてがんばっていきたいと思います!!。
 デジタルカメラで動画を撮ってくださったお友達の方、本当にありがとうございます!!。
 聴きに来てくださった皆様方、お店にて沢山の言葉をかけてくださった皆様方、演奏前後に、ライブが盛り上がるような紹介をしてくださった店長、
 音響担当の方を初め、お店スタッフの皆様方、本当にありがとうございます。
 今回のライブ出演をご快諾くださったこと、感謝申し上げます!!。
 沢山のすばらしい演奏を届けてくださった皆様方、本当にありがとうございます。
 店長ファミリーの方を初め、当日お会いすることができ、お世話になり、元気と勇気、エネルギーとパワー、活力をくださった皆様方、本当にありがとうございます。
 沢山の美味しい飲食物メニューを初め、演奏しやすい環境、過ごしやすい環境を提供してくださっている店長、そしてモダンタイムスのスタッフの皆様方、
 本当にありがとうございます。
 機材の搬入と搬出、行き帰りの機材たちとの送迎などでお世話になった家族メンバー皆さん、お友達や店長ファミリーの方、そして音響担当のスタッフの方、
 本当にありがとうございます!!。
 今回も、ギターの調整、最終チェック等でお世話になり、気持ちのいい状態で演奏できる環境を作ってくださった、 "East Village Guitars" のがんさん、
 いつも本当にありがとうございます。
 出会うことのできた、店内BGMも含めての沢山のすばらしい音楽たち、楽曲たち、演奏させてもらうことのできた楽曲たち、
 ピアノやマイク、ギターアンプ等、お店で使わせていただいた機材たち、活躍してくれたハーモニカとホルダー、エレキギターや6弦と12弦のエレアコたち、
 そしてウィンドスクリーンなどなどの機材たち、もう本当にすべてのものごとに、改めて「ありがとう!!」と言わせてもらいたいです!!。
 これからもお世話になりますが、皆様今後とも宜しくお願いします。
 それでは失礼します!!。皆様お体ご自愛のほどを!!。ではでは、また。
 以上、ヨリー助得る、またはよりよりでした!!(笑い)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「スローミュージック☆大人バンド大会!!☆」、本当にありがとうございました!!。 ギター大好き男のきまぐれ日記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる