ギター大好き男のきまぐれ日記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪の中の「ビートルズミーチング」@和音堂、本当にありがとう!!。 

<<   作成日時 : 2017/01/15 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 どうもです、皆様こんにちは。よりよりです、ヨリー助得るです!!。
 さて、1月14日の土曜日ですが、京都市中京区は河原町三条付近のライブハウス、「和音堂」さんにて、「ビートルズミーチング」というライブが行われました。
 直前の週に、 "Mr.Jingles" のキーボーディストの方と、モダンタイムスさんにてお会いした時に、「来週、和音堂さんでライブやりますよ!!」
 という情報をくださっていたこともあり、とても楽しみにしながら出向かせていただきました。
 雪の降る中で行われたライブだったので、今回のイベントの模様が、もしも写真集のような形で綴られていくとしたら、
 それももしかしたら、 "White Album" という名前のアルバムになるのかもしれないですよね!!(笑い)。
 冗談はさておき、出演された皆様方、お店スタッフの皆様方を初め、当日集まられた皆様方のご無事を、心からお祈り申し上げる次第です!!。
 さて、今回は二つのバンドの皆様方に、ビートルズサウンドをたっぷりと聴かせていただきました。
 第1番手は、 "The Beatbabys" の皆さん!!。
 ザ・ビートルズのデビュー前後に当たる時期の、BBCラジオの収録の際に演奏されていた楽曲たちを中心に聴かせてくださいました。
 ボーカルをされた方の、しびれるようなビブラートに思わず感動しました!!。
 また、順不同になりますが、 "I Saw Her Standing There" 、 "Twist and Shout" 、 "All My Loving" 、 "Roll Over Beethoven" 、 "Devil in Her Heart" 、
  "Kansas City- Hey-Hey-Hey-Hey!" 、 "Eight Days a Week" 、 "I Need You" 、 "Ticket to Ride"、 "Nowhere Man" 、 "From Me to You" 、 "Day Tripper" など、
 自分自身としても聴きなじみのある楽曲たちも、沢山聴かせてもらえた時間となりました。
 最後の方で、ベースの弦が切れてしまわれたとのこと、本当に大変でしたねえ!!。
 そのような状態だったにもかかわらず、アンコールで "Slow Down" も演奏してくださいました。
 僕自身として今回気になったのは、 "I Need You" の曲中で、エレキギターのバイオリン奏法といいますか、ボリューム奏法が用いられている箇所があるのですが、
 その部分でどのようなテクニックを使われていたのかな、ということだったのです。
 持っておられたギターが、手元でボリュームの上げ下げを行いやすい、ストラトキャスタータイプのギターだったのか、テレキャスタータイプのギターだったのか。
 はたまた、足元にボリュームペダルを置かれていて、それを踏みながら弾いておられたのか。
 その辺りの所を、今回お伺いできず、少し残念ではあったのですが、また次に機会があれば、ぜひともお聞きしてみたいなあと、とてもとても楽しみにしています!!。
 それから、 "Nowhere Man" の曲中で、6弦の開放音のEに続いて、1弦5フレットのハーモニックスでEの音を鳴らすという風に続いている箇所があるのですが、
 ここの部分のハーモニックスの音って、けっこう出すのが難しく感じられるんですよねえ!!。
 その部分についても、しびれるほどの勢いで、ぱーんと出しておられたのに感動しました!!。
 ドラムの人の、速いテンポで鳴らしておられる場面のテクニックも、なかなかすごかったですねえ!!。
 そのような思いを引き出していただきながら、皆さんの演奏は終わっていきました。
 続いて第2番手は、 "Mr.Jingles" の皆さん!!。
 中には、あまりなじみのないような楽曲もありましたが、ほとんど聴きなじみのある楽曲たちを届けてくださいました。
 こちらもまた順不動になりますが、演奏された楽曲たちはだいたい次の通りです。
  "Please Please Me" 、 "There's a Place" 、 "Yesterday" 、 "Eleanor Rigby" 、 "Hello, Goodbye" 、 "Magical Mystery Tour" 、
  "Back in the U.S.S.R" 、 "Get Back" 、 "I Should Have Known Better" 、 "If I Fell" 、 "I've Just Seen a Face" 、 "I Me Mine" 、 "Maggie Mae?" 、
  "One After 909?" 、 "For No One" 、 "Got to Get You into My Life" 、 "Savoy Truffle" 、などを本編で聴かせていただきました。
 (演奏された楽曲が、どのタイトルのものだったのかが一部わかりかねますので、疑問符を付けさせていただきました、ご容赦いただければ幸いです。)
 アンコールの場面になっていたのですが、電子ドラムを伴って、 "Birthday" 、そして通常のドラムが入った形で、
  "Boys" が演奏されて、皆さんのステージは終わっていきました。
 特に "Birthday" の曲の最後の場面では、今月中にお誕生日を迎えられるという方が何人かいらっしゃったこともあって、
 みんなでクラッカーを鳴らしてお祝いをするという一幕も設けられていきました。
 本当に楽しい雰囲気でしたねえ!!。
 それから、 "Back in the U.S.S.R" の場面で、飛行機のような効果音も再現されていて、そのテクニックにも圧倒されてしまいました(笑い)。
 また、曲によってはハーモニカの音も加わっていて、それぞれの楽曲の中で音に厚味が膨らんでいたことにも、ある意味で度肝を抜かれた感じがしました(笑い)。
 そのような場面もありながら、ライブ全体は終わっていったわけなのですが、終了後にも、盛り上がりの雰囲気は収まる様子もありませんでした。
 僕はと言いますと、 "Mr.Jingles" のギタリストの方とのお話で、今回使用されていたギターとか、お持ちのギターについて、様々な角度から話が盛り上がっていきました。
 今回使われていたのが、ジェフ・ベック氏のモデルのギターだったとお聴きしたので、ストラトキャスターなのかなあと思っていたのですが、
 実はグレコのレスポールタイプのギターだったんですねえ!!。
 ジェフ・ベックさんですが、「ブローバイブロー」のアルバムの中で、曲によってはレスポールタイプのギターも使いながら、弾いておられたこともあったようなんですねえ。
 そんな風なお話も聴けて、益々「ギターバカ」になっていきそうな楽しい一時も作られていきました(笑い)。
  "Mr.Jingles" のキーボーディストの方とも、ザ・ビートルズの楽曲のお話を含めて、いろいろな音楽に関する話題で会話が盛り上がったりもしておりました。
 今回のライブを通して、祇園に在るライブハウス、「ジョニー・エンジェル」さんにて行われた、ビートルズセッションの席上でお会いすることができた皆様方とも、
 約1年ぶりぐらいの再会となったわけなのですが、自分のことを覚えていてくださったことも本当に嬉しかったのですが、
 元気な姿で一緒に出会えたということに、何よりも感動しました。
 また、一昨年の11月に和音堂さんにて行われた、同じライブの席上でお会いできた皆さんとも久しぶりに再会できて、さらに喜びが大きくなりました。
 ドリンクを囲んでの、皆さんとの乾杯の一時、本当に楽しかったですねえ!!。
 とにもかくにも、「積雪の中だったけれども、本当に行かせてもらって良かったなあ!!」と感じたと共に、人と人とのつながりを沢山作ってくれる、音楽の和というか、
 音楽の力は、本当にすごいものなんだなあ、と改めて感じさせてもらえた、土曜日の夜のすてきな時間となりました。
 そんな風にして、今回のライブの時間は終わっていったのですが、盛り上がりの余韻の中でお店を跡にして、本当にいい気分で帰宅することができました。
 これからもぜひ機会を見つけて、今回演奏を届けてくださった "The Beatbabys" の皆様方、 "Mr.Jingles" の皆様方のライブにも足を運ばせていただいて、
 皆さんの演奏からも、さらにさらに多くのことを学ばせていただきたいなあと、本当に首を長くして楽しみにしております!!。
 そして、沢山のすばらしいライブを開催していただいて、過ごしやすい環境を提供してくださっているお店、和音堂さんにも、
 ぜひともまた出向かせていただきたいなあと、楽しみにしています!!。
 心に残るすばらしい演奏を届けてくださった、出演者の皆様方、当日お店にてお会いし、お世話になった皆様方、ギターや楽器類たち、音楽全般の話題やライブ活動など、
 いろいろな話題で会話を盛り上げてくださった皆様方、感動的な再会の場面を作ってくださっている皆様方、お店スタッフの皆様方、本当にありがとうございます!!。
 すばらしい楽曲たちを残してくださった、ザ・ビートルズの皆様方に、改めて感謝申し上げます!!。
 今回のライブにて出会うことのできた、沢山のすばらしい音楽たち、楽曲たち、すてきな音を奏でてくれた楽器類、機材類たち、BGMたちを初め、
 すべての物事に、改めて感謝感謝でございます!!。
これからもお世話になりますが、皆様今後とも宜しくお願いします。
それでは失礼します。皆様お体ご自愛のほどを!!。ではでは、また。
 以上、ヨリー助得る、もしくはよりより、あるいはよれよれ(笑い)、またはヨリヨリバーガーでした!!(笑い)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雪の中の「ビートルズミーチング」@和音堂、本当にありがとう!!。   ギター大好き男のきまぐれ日記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる