ギター大好き男のきまぐれ日記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 車の話題、あれやこれや!!(2016/11/26現在)。

<<   作成日時 : 2016/11/26 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 どうもです、皆様こんにちは。
 ここ最近は、やたらと「車大好き男」になっている、そんなよりよりです、ヨリー助得るです、よれよれです(笑い)、そしてヨリヨリバーガーです!!(笑い)。
 さて、本日11月26日の土曜日ですが、家族メンバーと共に、地元近くの「トヨタカローラ京都、伏見店」へ行ってまいりました!!。
 前回、桂店さんの方に出向かせてもらった時には、ノアの展示車や試乗車が在りませんでしたので、別の店舗に置かれていた、8人乗りの試乗車を、
 伏見店の方に用意してくださったことで、今回拝見させていただける運びとなったわけです。
 出会うことのできた車両は、SIグレードの特別使用者、「W×B」でした!!。
 このグレードの名称ですが、「WxB」と表記されることもあり、発音される時には、「ダブルバイビー」と呼ばれています。
 実際に手で触れることのできた感覚としては、だいたいこんな感じです。
 前席側と後席側のドア上、外側の窓枠の下部分のパーツに関しては、昔の何台かのモデルのセリカとか、一部のコロナクーペのパーツに似ている所もあって、
 けっこうお好みのタイプだなあ、と思いました。
 中に入ってみて、まず高級感が感じられたのは、ファブリックと皮が素材になっている、全席のシートでした!!。
 スポーツタイプの使用も入っていて、特に運転席や助手席に座ってみた感覚では、腰の部分がある程度まではシートの中に入っていきそうな、そんな風にも思えました。
 2列目のシートを跳ね上げてみたのですが、僕のやり方があまりうまくなかったのか、いちばん左側の座席しか、
 座面も内側に入っていくような形で畳まれるようにはなりませんでした。
 右側の方も、座面と一緒に内側に畳めるはずなので、またノアと出会える機会があれば、ぜひともそのやり方を研究してみたいと思います!!。
 2列目シートの真ん中の座席に対応しているシートベルトですが、フロント側のシートと同じように、一つの金具だけを取り出して引っ張るだけで、
 腹部を保護する部分と共に、胸部や頸部などを保護する部分も一緒に出てきてくれるという、大変便利な仕組みになっていました。
 3列目の中央の座席に対応したシートベルトに関しては、金具を二つ取り出して、座席内にある二つの装着用のパーツに差し込まなければ、
 腹部や胸部、頸部までが保護されないような仕組みになっていました。
 ここ2〜3年の間に出回り始めた車を考えますと、セダンやコンパクトカーも含めて、後部座席中央部に対応するシートベルトに、
 このような方式を採用している車が、本当に多くなってきていますよねえ!!。
 僕自身は、後席側中央のシートベルトに、このような方式を取り入れている車にも乗せてもらったこともあるので、
 着脱やホルダー内からの金具類の取り出し、そしてホルダー内への金具類の収納時の操作に関しては、一応慣れてきてはいます。
 この手のシートベルトの着脱、ならびにホルダー内からの金具類の取り出し、ホルダー内への金具類の収納に慣れるまでには、人によってはある程度の操作の練習と、
 スムーズに行えるようになるまでの期間が必要になってくるかもしれません!!。
 特に、腹部を支えているパーツを外すには、胸部や頸部を支えている部分に付いている金具の先を穴に入れて、腹部を支えている部分に対応した小さい金具を、
 また別の穴から取り出さないといけないという、慣れるまでには複雑さが感じられるような操作も必要となってきますので、
 初めのうちは、かなり不便だなあと感じられることも多いかもしれません。
 といった感じの3列目のシートなのですが、ヘッドレストを上の方に上げて座ってみた感じでは、けっこう快適に過ごせるなあ、と思いました。
 中央席のヘッドレストに関しては、座席を跳ね上げる時の操作も考慮して、最後尾のトランクスペースの左側側面に、収納用の空間が設けられています。
 座席に付いているのと同じ大きさの二つの穴に、それぞれの大きさに対応した棒の部分を下向きに入れれば、後片付けは完了です!!。
 頭が当たる方の部分を壁側に向けて入れると、かなりうまく、すっと入ってくれるようです!!。
 それはそうと!!。
 2列目座席の真ん中の背もたれも、かなり高級感ありましたよねえ!!。
 両端の座席に座っている人にとっては、肘かけにもなりそうな、そんなパーツが出てくるようになっています。
 しかも、それを座面の方に倒すと、前の方には、2本分のボトルホルダーが表れてくるんですねえ!!。
 セダンの車両に乗っているような、そんな気分にもなれそうです!!。
 さて、実際にエンジン音も聴かせてもらったのですが!!。
 特に、今回のモデルの「ノア」のガソリン車で考えれば、全体的にそうなのかもしれないのですが、「2.4L車に近いエンジン音」というよりかは、
 「1.5L車に近いエンジン音」っていう感じでしたねえ!!。
 メーカーサイトやカタログなどでは、排気量として、「2.0L」と表記されてはいますが、それはそれで、僕自身としては
 「ノアの特徴としてはいいのかなあ!!」とも思ってはいます。
 気になる装備類ですが!!。
 今回出会うことのできた車両には、運転席側、助手席側、左右両方の後部座席側に、パワースライドドアの機能が備わっていました。
 また、ハンドルの裏側にも触れてみたのですが、ベース車両のSIグレードには搭載されていない、
 「クルーズコントロール」の操作用のスイッチ群が付いているじゃあありませんか!!。
 このスイッチ群の操作法については、ずっと気になっていたので、接客してくださったスタッフの方に、お話を聴いてみました。
 細長い棒の、手で触れることができる方の真ん中に付いているボタンを押すと、アクセルを踏まなくても一定の速度で走れる機能を、オンにすることができるようです。
 その細長い棒を、ハンドル中央部のほぼ平坦になっているパーツの方向に動かすと、同じ方向に動かしていくごとに、速度を10KMずつアップさせることができ、
 逆の方向、つまり、ハンドル中央部に細長い棒のようなパーツが付いている方向に動かすと、同じ方向に動かしていくごとに10KMずつ速度をダウンさせることができる、
 という仕組みになっているようです。
 そして、その棒をハンドルのグリップ部分に向かって引き寄せると、アクセルを踏まずに一定速度で走行するというこの機能を、オフにすることができるそうです。
 ほうほう!!なるほどです!!ここ数年間の謎が解けて、個人的にですが大変に嬉しかったなあ、と思っています。
 その他、タイヤの大きさ、専用のパーツ類については、ベース車両のSIグレードと同じような感じになって、
 全体的に車体も大きくなることから、3ナンバーとして登録されることになるそうです。
 さて、ある程度拝見させていただいてから、スタッフの方に、「希望装備類を搭載して、自分がイメージしている車内空間が構築できるかどうか」という点について、
 前回の桂店さんへの来店時に作っていただいた表を基にして、一緒に考えていただきました。
 「デュアルパワースライドドア」に関しては、こちらの特別使用者には標準装備として搭載されているので、安心しました。
 3列目シートまでサポートしてくれるエアバッグ、スペアタイヤ、リアオートエアコンに関しても、メーカーオプションで搭載することができるようです!!。
 しかし残念ながら、オーディオ機能も同梱されているナビゲーションシステムに関しては、メーカーオプションの設定がなく、
 天井内に装着されるはずの薄型スピーカーの搭載もできない、ということが判明してしまいました!!。
 しかも、このグレードの車両に関しては、車内にスピーカーが四つしかないという設定になっており、
 かなりショッキングなフィードバックが返ってきてしまうこととなったわけです。
 「デュアルパワースライドドア、クルーズコントロールと、乗せてもらっている側の立場としても、在ったらいいのになあ」と思っていた装備が標準で付いていただけに、
 「オーディオ関係の装備類で、自分好みにカスタマイズできない」という結果になってしまったのは、とても残念でし方がありませんです!!。
 お店に行って、車内を拝見しながら、「ギターとかピアノをやりながら、唄ったりしています」といったようなことも、スタッフの方にお話ししていたので、
 「音にこだわった車内空間を実現させるためにも、Gグレードの方がいいんじゃないか」というお話も頂戴いたしました。
 はい、ということで、グレード名称といいますか、パッケージ名称に付けられている語句のごとく!!。
 メーカーオプションで搭載可能なスピーカーの数も半分になって、ナビもメーカーオプションでの設定がないということから、
 欲しい装備類たちに、ダブルで「バイビー!!」と言われてしまったような、そんな風に感じるに至ってしまいました!!(笑い事じゃないですよー!!)。
 「SI」と言えば、「すごくいい!!」、そして「W×B」と言えば、「若さが倍増!!」という風にも解釈できるなあ、なんて思っていただけに、
 ほんまに残念でございます!!。
 ある意味、希望通りの音響設備が、メーカーオプションでも付かないということから、装備類との「別れが倍増(W×B)」
 というような結果にもなっちゃったわけなんですねえ!!(笑いたい所だけど、ほんまに笑えませんよ!!)。
 ところで、もともとの意味としてはどうやら、 "Super Intelligent" がグレード名称のSIで、パッケージ名称だと思われるWとBは、
 「白色の "White" 」と「黒色の "Black" 」を表しているようなんですねえ!!。
 (間違っていたらすみませんです!!)。
 この「白と黒」というのは、主に内装部分に搭載されている、シート類やその他のパーツに使われている、特別設定色のようにも思えます。
 内装全部がもう、「白と黒で固めてあるぞ!!」というようなイメージでしょうかねえ!!。
 そんな風にして、様々なフィードバックも頂戴しながら考えていった結果、だんだんと「白黒はっきり」してまいりました!!(笑い)。
 「イメージ通りにカスタマイズしながら、室内構成を考えていける、最上級のGグレードの車両においても、デュアルパワースライドドアが標準ではなく、
 メーカーオプションとして後付けにしなければならない」という風な事情もありますゆえ!!。
 現時点での僕自身の中での検討事項になってしまって、本当に恐縮なのですが、「ノア」に関しては一旦、「ハイサイナラー!!」という気持ちで、
 収まっておきたいと思います!!。
 はい、それじゃあ次なる手段を考えたいと思います!!。
 ということで、最終的な結論として、また「エスクァイア」への追い掛けモードに戻りたいと思います!!。
 こちらの車種に関しては、イメージ通りにカスタマイズしながら室内構成を考えていける、最上級のGIグレードの車両にも、
 デュアルパワースライドドアが標準で搭載されているという利点も備わっているのです。
 まさしく、「GI溢れるグレード」、「慈愛溢れるグレード」ですよね!!(大笑い)。
 しかも、4WDの設定にしても、5ナンバーサイズに納まるような車両になりそうなので、こちらの方がいいかなあ、と思うに至ったというわけでもあります!!。
 というわけで、一旦「ノア」を追い掛けには行ってまいりましたが、やはりここで、「エスクァイア」の方に再び帰りたいと思います!!。
 それはそうと、「エスクワイア」と発音することが多かったものですから、表記上でもついつい、そのように書いてしまっておりました!!。
 正しくは、「エスクァイア」なんですよね!!この場を借りて、お詫びして訂正させていただきます!!。
 今まで大変失礼いたしました!!。
 といったような感じで、いろいろと思う所があって、非常に申し訳ありませんでした!!。
 地元近くの伏見店のスタッフの方とのつながりを作っていただいたこと、そして、出会っていただいて、いろいろとお話ししてくださったことに、
 カローラ店のスタッフの皆様方に、改めまして感謝申し上げたいと思います!!。
 懇切丁寧に、装備類などの説明をしてくださった皆様方、大変貴重な出会いとつながりを作ってくださった皆様方、改めまして本当にありがとうございます!!。
 扱っておられる車種に関しての興味は、かなりの勢いでありますので、またお店の方にはお伺いさせていただきたいなあと思っています。
 あくまでも、「今回の目標としているクラスの車両については、こんな風に思っている」ということを喋らせていただいただけですということなので、
 ご了承いただけましたら大変に嬉しく思います!!。
 といったような、様々な考え事を抱えるような結果になってしまった場面を経て、お店を跡にすることとなり、家族メンバーの運転する車で、帰路に向かって行きました。
 思う所はいろいろとありますが、ぜひともまた、今回出会うことのできた、SIグレード、W×Bの「ノア」を初め、
 いろいろな車たちとの出会いや再会の場面も楽しみにしながら、伏見店を初め、トヨタカローラ京都の各店舗の方にも、どんどん出向かせていただきたいなあと、
 とてもとても楽しみにしています!!。
 こういった形で、これからもさらに、トヨタ自動車の今後の動向も楽しみにしながらの車見物も、しっかりと堪能させていただきたいと思います。
 また、今後のわが家全体のカーライフに関しても、楽しみを膨らませていきながら、様々に考えていきたいなあと思っています!!。
 今回接客してくださったスタッフの方とも、次回もさらに、お互いに元気な姿で出会えます事を、本当に心待ちにしています!!。
 懇切丁寧にわかりやすく、一つ一つの装備類についてなど、細かい所まで説明してくださった、トヨタカローラ京都伏見店のスタッフの方、
 そのスタッフの方とのつながりを作ってくださった、桂店のスタッフの方、本当にありがとうございます!!。
 「エスクワイア」、「ノア」を筆頭に、出会うことができた、また様々にいろんなことを考えるきっかけを作り、与えてくれた、本当にすてきな、沢山のトヨタの車たちに、
 改めて感謝感謝です!!。
 これからもお世話になりますが、皆様今後とも宜しくお願いします。
 それでは失礼します。皆様お体ご自愛のほどを!!ではでは、また。
 以上、トヨタ車大好き男、ヨリー助得る、ヨリヨリバーガー、よれよれ(笑い)、またはよりよりでした!!(笑い)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
車の話題、あれやこれや!!(2016/11/26現在)。 ギター大好き男のきまぐれ日記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる